進学塾Flest(フレスタ) 多摩センター校 > 勉強法

進学塾Flest 教室ブログ
集中力を上げる
2019年10月25日

集中力を上げる

勉強をしないといけないとわかっていても、
なかなか手がでない、気づいたら手が止まっている、別のことに意識が飛んでいる
……そんてことはありませんか?

今回はそんな方にお勧めの勉強法を一つお話します。

もし、少しでも自分に合いそうであれば実践してみてください。

「5分だけやろう」で集中力のスイッチオン


「集中したいのにできない一番の理由は、『面倒くさい』という気持ちがあるから。

最初から『1時間やろう』なんて思わなくて大丈夫です。

最初は『5分だけやろう』とハードルを下げて、

まず作業に取り掛かるのが大事です。

簡単なことを5分だけやって、集中力のエンジンをかけましょう。

「15分→休憩」を繰り返す

5分やって集中しやすい状態をつくったら、その後は『15分作業→休憩』を繰り返してください。

一部の例外的なハイパフォーマーは別として、大抵の人は15分ほどしか集中力が続かないといわれています。
15分に区切ることで、集中力を保ちやすくなります。

そして、15分だけであれば多少のイレギュラー(携帯が鳴った・気になることを思い出した・勉強を始めたらなぜかいつもトイレに行きたくなる等)を
「まあ、15分だけだし」と後回しにできますので外的要因にも強くなります。

また、作業だけをし続けるのではなく、決めた時間の間集中できたら、自分にご褒美をあげるのも効果的です。

例えば、5分頑張ったら甘いものが食べられる、好きな音楽が聴けるなど、少しだけでいいので作業にポジティブな要素を取り入れると、脳が覚えて集中しやすくなります。

最初は数分の作業で休憩していても、慣れてくると10分から1時間作業するのが当たり前になることも。

しかし、一度の作業時間は無理に伸ばす必要はない

作業時間は無理に伸ばしていく必要はなりません。

15分作業→10分休憩の12タームで3時間勉強するのも良し

20分作業→5分休憩の9タームで3時間勉強するも良し

60分作業→15分休憩の3タームで3時間でももちろん良いのです。

ただ、この3時間が最も集中できるバランスを探していきましょう。

もちろん、休憩を挟み過ぎると他の予定が進まないケースもあるでしょう。

上手に折り合いをつけていきましょう。

ただ耐えるのではなく、脳の特徴を利用して時間を効率的に使えるかがポイントです。

勉強法 一覧へ戻る


関連記事

  • 副教科への心構え【中学生】

  • 時間管理術「ポモドーロ・テクニック」

  • 勉強計画が崩れない工夫

  • 求められる思考力

  • 集中力の高め方

  • ケアレスミスへの対策【小学生】

  • Facebook