進学塾Flest(フレスタ) 多摩センター校 > 勉強法

進学塾Flest 教室ブログ
スマホとの向き合い方
2019年10月7日

スマホとの向き合い方

急速に普及し、私たちの生活を変えたスマートフォン
非常に便利で、今や私たちの生活に無くてはならないものとなっています。

そんなスマートフォンですが、ついつい触ってしまうため、受験生の勉強の妨げとなってしまうこともあるかもしれません。

「受験の前はスマートフォンを禁止した方がいいのかな?」

「どうやったらスマホを触らずにいられるだろう?」

そのようにお悩みの方も多いことでしょう。
今回は受験生のスマートフォンとの付き合い方や、スマホを遠ざける方法などについて考えていきましょう。

そもそもスマートフォンの利用を控えた方がいいのか

これに関しては正直、人による、というのが真実でしょう。
スマートフォンを利用していても受かる人ももちろんいます。

スマートフォンは非常に便利なものですから、利用の仕方次第では勉強のベース作りにもなりますし、友人と励ましあったり、インターネットで様々な情報を手に入れることもできます。

ですが、ついつい触ってしまって勉強に集中できない。という人が多いのが現実だと思います。

禁止するなら

スマートフォンを禁止すると言ってもいきなりスマートフォンの使用をきっぱりやめることができる人はそういません。

連絡ができなくなるなど単純に不便であるという問題が出てくるのはもちろん意志の強さの問題でも、ほとんどの人はただなんとなく「禁止するぞ!」と決意したぐらいでは、スマホを触るのをやめることはできないでしょう。

では、スマートフォンの使用を控えるにはどうしたらいいのでしょうか?

スマホ禁止用のアプリを使う

最近ではスマホ禁止用のアプリもあります。

例えば、魚を成長させるゲームのようなアプリがあります。
これはスマートフォンの使用をやめ、勉強している時間だけ魚が成長するというアプリです。
しかしその間にそのアプリを終了する、別のアプリを使用するなどすると
勉強を中断したと見なされ、報酬が得られなくなるのです。
面白い考えですよね。これなら魚を成長させたくてスマホをいじる頻度が下がり勉強したくなるのも分かるでしょう。

最初こそ中断してしまいそうになりますが続けているうちに収集欲が刺激されてきてもっと育てたい、集めたいと思うようになるので自然と勉強中のスマートフォン利用を止めることができるようになるものです。

ほかにも色々なアプリがありますので、自分の正確に合うものを探してみては如何でしょうか。

SNSの通知を切る

今や学生の誰もが頻繁に利用するアプリとして、LINEやTwitter、instagramなどがあります。
友達との連絡や下らない話、恋人との連絡などついつい開いてしまいますよね。

通知をオンにしておけば、反応が来たり、連絡が来た時にすぐわかるため、オンにしている人が多いと思います。
しかし、勉強をしている時に通知が来るたびにスマートフォンを見ていては勉強にならないのも事実です。

そこでSNSの通知を切ってみるのはいかがでしょうか?
慣れてしまえば意外とできてしまうものです。

緊急の連絡に気づかないのでは…?と思うかもしれませんが、緊急の時には電話してもらうように言っておけばより安心です。

できない理由よりもできるようにする工夫を考えましょう。

SNSのアイコンをページ後方に移動する

こちらも簡単にできておすすめの方法です。
そして、思いのほか効果もあります。

インターネットで分からないものを少し調べようと思った時にも、ついつい関係ないSNSを確認してしまう、なんて人も少なくないでしょう。

後方に移動するだけで少し不便になりSNSの使用回数がグンと下がる方もいます。

SNSをアンインストールする

SNS禁止の最終手段です。
緊急の電話など、スマートフォンが使えないのは困るけどSNSだけはやめたい、という人の最終手段が、アンインストールです。
受験が近くなるとたまにやっている人もいますが、SNSのアプリはないならないで意外となんとかなるようです。

スマートフォンとうまく付き合う

ここまで、「スマートフォンがあると集中できないのでどうやってスマートフォンから離れよう、スマートフォンの使用を抑えよう」という方向で考えてきましたが中にはスマートフォンを使いながらも、あるいはスマートフォンを使って、うまく自分のペースを作り受験期を過ごしているという人もいるようです。

勉強用のアプリを使う

電車での通学中など、ついついスマートフォンでインターネットなどを見てしまいがちですが、その時間をスマートフォンでの勉強に充てている、という人もいます。

スマートフォンでのリスニングの勉強などはやっている人が多いと思いますが、

最近では英単語のアプリや勉強用のSNSなどもあり、これを使用した効率的な学習を行う生徒も増えてきております。

時間を決める

SNSを見るのは夜のこの時間だけ、寝る前だけ、などと決めるという方法です。
これをうまく行うことができれば生活にメリハリができ、勉強のリズムもできるので集中しやすくなります。
これのメリハリは勉強の集中力を上げる可能性が十二分にあります。
ただし、ちょっとだけ触るつもりがズルズルやってしまうという危険性もあるので、ある程度の意志の強さは必要になります。

勉強の妨げになる一方で、非常に便利であり、使い方によっては勉強のペースメーカーや、ストレス発散のための道具になり得るのがスマートフォンです。
スマートフォンの使用を抑えるか、スマートフォンを使うかはあなた次第ですが、賢い付き合い方で受験を乗り越えましょう。

勉強法 一覧へ戻る


関連記事

  • 夏バテになっていませんか?

  • 集中力とそのメカニズムについて 集中力①

  • 7回読み勉強法

  • アクティブ・リコール勉強法

  • 長時間勉強するときのコツ

  • 先取り学習の重要性

  • Facebook