進学塾Flest(フレスタ) 多摩センター校 > 勉強法

進学塾Flest 教室ブログ
アクティブ・リコール勉強法
2019年11月8日

アクティブ・リコール勉強法

新しい知識を身につけるために、本やテキストをたくさん買い込んで勉強に励みます。

しかし「勉強したはずなのに、内容がぜんぜん思い出せない」なんて経験がある方は多いのではないでしょうか。

もちろん、ノートに書いてまとめるとか、音読して覚えるとか、そういった勉強をするのもいいかもしれません。

しかし受験生にとって、時間は最も貴重な財産です。

「時間をかけたらできる」ということと「時間をかけずにできる」ということの価値は雲泥の差と言っていいでしょう。

前回は「ライトナーシステム」という勉強法をご紹介しました。

今回は、本やテキストを読んで勉強する際に記憶の定着率が段違いに向上する『アクティブ・リコール』と呼ばれる勉強法を紹介します。

自分に合いそうだなと思えましたらぜひ一度お試しください。

アクティブ・リコール勉強法

アクティブ・リコール勉強では、最初から教科書を何度も読み返しはしません。

まずは、軽く一通り教科書を読みます。

次に、いきなり確認問題を解きます。もちろん、何も見てはいけません

当たり前ですが、最初から良い点数がとれるはずもありません。

しかし、このような「大敗」を味わうことが、実は後の学習のための刺激となるのです。

具体的なやり方としては、以下の通りです。

1.教科書や参考書を一通り読む。

2.  確認問題を行う。

3.  教科書を見ながら答え合わせをする。

4.  もう一度、間違えたところを中心に教科書を読む。

5.  2~4を繰り返す。

努力しても成果が出ないと、自分には勉強の才能が無いのでは、と感じてしまうこともあります。

しかし、そういう場合には、まず勉強方法を見直してみてください。

世の中には、たくさんの勉強方法があります。

必ずあなたに合った、素晴らしい勉強法が見つかるはずです。

今回もその候補になれば幸いです。

勉強法 一覧へ戻る


関連記事

  • 参考書のやり込み方

  • マインドマップによる勉強

  • 暗記法「ライトナーシステム」

  • 夏バテになっていませんか?

  • 英語学習①

  • 復習の重要性

  • Facebook