進学塾Flest(フレスタ) 多摩センター校 > 教室ブログ

進学塾Flest 教室ブログ
高校一年生へ。この夏が、はじめの勝負ですよ。
2019年6月7日

高校一年生へ。この夏が、はじめの勝負ですよ。

はじめまして!進学塾Flest・多摩センター校の渡辺です!

今回は、このブログで

高校一年生の夏がなぜ大学進学先に関わるのか

その理由を解説していきます!

はじめての夏休みなので差がつく!

高校に入って、はじめての夏休み。なので、春の受験勉強の疲れを発散するために、遊び呆けたい!!

その気持ち、わかります!

ですが、その一方で、着々と自分の進路実現のために努力を重ねている人もいるのも事実なのです。

そして、夏休みが終わると…もうわかりますよね、二人の間の差はもう開いてしまうのです。

夏休みでは、

2学期の内容を予習すべし!

1学期で積み残したわからない部分をしっかりと分かるようにしておきましょう!

なぜ予習が必要なのか?

はじめの1学期が終わり、2学期に突入。2学期では、1学期では比べ物にならないほど学習内容の量も難易度も上がってきます。

そして、いわゆる進学校では、早いところだともう2年生の内容に入ってしまう高校も。と、なると、夏休みを休んでなんか要られません。

予習をサボった結果…授業についていけずクラスビリへ転落

ここで、ある人の体験談をお話します。Aくんとしておきましょう。

Aくんは、受験勉強を頑張り、晴れて都内有数のB高校へ入学。

入学直後のスタディーサポートでは学年3位と、このまま行けば早慶・東大は確実と言われていました。

うつつを抜かしたAくんは、夏休みはポケモンに励みます。

そして、夏休み終了後の実力テストでは、なんとクラスビリを記録してしまいました…。

その後、Aくんは勉強をがんばりますが、結果進学先はMARCHのC。

1年生の夏休みにもっと頑張っておけばよかったですね。

なんと、この体験談、実は僕の実話なんです!

なので、みんなはちゃんと勉強しましょうね!

最後に

いかかでしたでしょうか。高校一年生と言って、受験に無縁、というわけでもなさそうです。しっかり勉強することで、みなさんは希望する大学へ進学してくださいね!

教室ブログ 一覧へ戻る


関連記事

  • 小学生にとっての常識

  • 今求められる論理言語力②

  • 倍率に踊らされるな〜高校入試編〜

  • 4月8日(水)以降の4月分の授業について

  • 夏休みの宿題への取り組み方で勉強意識を変える。

  • 高校生のテスト対策②

  • Facebook