進学塾Flest(フレスタ) 多摩センター校 > 勉強法

進学塾Flest 教室ブログ
受験に向けた学習のススメ①
2020年12月1日

受験に向けた学習のススメ①

こんにちは

中等部代表の内田です。

今回は高校受験に向けたこれからの勉強についてのお話

英語編!!

この時期になると、成績を取るための学校の勉強はひと段落し、受験に向けた学習が中心になってきます。

その中で英語の学習していくとなると、みなさんがやっていくであろうことが「長文」でしょう。

もちろん受験に出るからみんなやるのですが、ただ闇雲に解いてしまっては効率が悪くなってしまいます。加えて推薦の対策や都立志望の生徒でも私立の対策が必要な場合もあり、英語にはそこまで時間をかけたくないと思う人も多いはずです。

そこで、これだけは守ってやりましょう!という学習方法をお伝えします。効率よく学習したい方は必見です。

①オリジナル単語帳を作成していく

単語帳などで単語・熟語を学習している高校受験生が多いと思いますが、やればやるほどマンネリ化や順番で覚えてしまって効果的でなく、単語帳を”眺めている”だけになっている人もいるのではないでしょうか。

そんな人のための打開策は、「オリジナル単語帳」です。

普段、長文や英作文などをやっている時に、実際に「あれ?どういう意味だっけ?」とか「どうやって書くんだっけ・・?」となった単語だけを抽出して自分だけの単語帳作るということです。

どう作るかは人それぞれやりやすい方法で良いと思いますが、あえておすすめをお伝えするなら、単語カードです。

単語カードで作成すると、

(1) 持ち運びが便利である

(2) 順番を変えられる

(3) 日⇨英 英⇨日 の両方できる

(4) 完全に覚えたらすぐに入れ替えられる

という利点があります。

オリジナルの単語帳を作ることによって自分が覚えられていない、かつ実際の問題で出てくる重要単語・熟語を効率よく覚えることができます。

②毎日1長文&5音読

長文の細かい解き方に関してはここでは省略します。

しっかりと解くという前提で、毎日1つ長文を読むことは大切です。

特に受験の英語は時間との勝負でもありますので、速読できて困ることはありません。その速読において重要なのが

(1) 毎日英文に触れる

(2) 音読する

これにつきます。

特に、音読は先生側が管理しづらいので生徒個人の意欲次第なところがあります。少し時間はかかりますが、音読は速読を促すこと以外に、リスニングの手助けにもなる重要な練習の1つであると言えます。サボらずに毎日やってみてください。

英作文の対策に関しては言及できませんでしたので、またの機会にご紹介します。

ではまた!

勉強法 一覧へ戻る


関連記事

  • 模試に弱い生徒の特長【高校生】

  • 求められる思考力

  • 将来の夢やなりたい職業がない君へ

  • 文理選択について【高校】

  • 塾での授業を再開しました!

  • 今求められる論理言語力②

  • Facebook